スキルセットの有無によって生じるギャップ

PHPエンジニアにとって、スキルセットがあるかどうかはエンジニアとしての価値を大きく左右するので気をつけなければならない。
価値にギャップが生まれた結果、働き方の選択肢すら変わってくることを念頭に置いた上で自分を成長させていく必要がある。

スキルセットが整っている場合、基本的にはPHPを言語として活用し、単独でも一つの仕事を完成させられる能力を持っていると考えられる。
要件定義から始めて必要な仕様を考案し、プログラムを記述してテストやデバッグを行い、そのプログラムの意義をわかりやすくプレゼンテーションできるだろう。

その程度までできるハイレベルなスキルセットを持っていれば、フリーエンジニアになって稼ぐことも可能だ。
あるいは派遣社員になって高時給の待遇で稼ぐこともできるようになる。
しかし、フリーエンジニアや派遣社員として活躍したいと考えても、スキルセットが整っていないと難しいだろう。
どんな部分であっても、欠けているところがあると一人ではプロジェクトを完成させることはできないためだ。

そのため、十分なスキルセットが整うまでは、企業で働いて他の人に不足を補填してもらわなければならないだろう。
その経験を積むことによって充実したスキルセットを獲得できると、PHPエンジニアとして活躍できるようになっていく。
企業で働く場合にも他のエンジニアの不足を補填する立場として活躍できるようになるため、スキルセットを手に入れることは重要だ。