PHPエンジニアの年収事情

PHPはHTMLを直に書くことができ、必要な部分だけロジックをインラインで書くといった風に直感的に利用できるので、初心者にも人気のある言語だ。
初心者に人気、というのは企業にもメリットがあり、エンジニアが確保しやすいということにも繋がっている。
実際、企業もPHPの求人を多く出している。
そのため、PHPは初心者の求職者と企業の双方に人気がある。

しかし、人気があるということは、競争相手も多いということを忘れてはならない。
エンジニアになって年収を上げたいという人は、そこは覚悟したほうが良いかもしれない。

昨今のWeb系のシステムは、コア部分をPHPで記述することは少なくなっている。
ではどういうところでPHPの仕事が発生するかと言うと、ちょっとした掲示板やメールフォーム、あるいはショッピングカートなど、定型的で機械的な処理を行う部分だけを、手軽に外部の技術者に外注するという使われ方をすることが多い。
そのため、PHPは仕事を探すのに便利な言語であるのは確かだが、年収を大きく上げるには有益な言語とは言えない。

しかし、PHPにもどんどんと新しい機能やフレームワークが開発されており、そうした新しいものを活用するプロジェクトであれば、競争相手が少なくなって待遇も良くなるかもしれない。
いずれにせよ、これはPHPに限った話ではないが、言語そのものを覚えているのは当たり前で、そこにどのようなプラスアルファを付け加えられるかで、エンジニアの年収は決まると言えるだろう。